読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリポータル

アプリとフリーウェアの紹介。 たまに脱線します。 スマホ版で見づらい方はPC版でどうぞ

ハイスペックPC

Windowsのソフトウェアとか

はじめに

つい最近なのですが、PCを新調しました。私の用途は主にDTM、ビデオ編集、ゲームなので、ハイパワーなPCが必要になってきたからです。

こだわり

クリエイティブな用途に使用する場合、データの保護が重要になってきます。制作した作品のデータが消えてしまっては意味がないからです。

そこで、今回の構成はHDD(1TB)を4つ使用したRAID5ディスクをデータ保存用のドライブとし、システム用にSSD60GBを用意しました。容量は3TBになり、万が一HDDが故障しても、1台までなら復元可能となっています。

D.A.Wを動かすに当たって、高品質なサウンドカードが必要であるためPCIexpress接続の内蔵型サウンドカード「ESI MAYA44e」を選びました。featmaya44e_RR i

 

Padアプリ「ims-20」をリアルタイムモニタリングできます。KORG iMS-20 for iPad 2,800(税込)Apple社App Store(iTunes Store内)にてダウンロード販売中。

またCPUパワーを稼ぐためヘキサコアCPUのAMD1055T(現在は廃版になっていて後継は1065T)、メモリはDDR3 6GBと余裕を持たせてあります。CPUはクロックアップし、動作周波数は3360MHzとしています。

ケースは持ち運びができるようにハンドル付きのものを選びました。「Antec CM STORM SCOUT」というケースです。ガッチリしたつくりになっています。ゲーミング用ケースなのでファンの音が少し気になるのが欠点か。

グラフィック性能の面でもゆとりを持たせたかったので、「Sapphire Radeon HD5770 FLEX」と「Sapphire Radeon HD5770」のクロスファイヤにしました。11163-13-20rvd3978bc21163-10-20rvd3662bc CrossFireXを構築するに当たって大容量の電源が必要になったので、電源は安定性も考えENERMAX MODU82+ 625モデルとしました。m8214

当然このようなハイスペックを組むとなるとマザーボードもそれなりにいいものが必要です。今回はMSI社のSocket AM3プラットホーム最上位モデル「MSI 890FXA-GD70」を購入しました。計5本のx16スロットを搭載し8レーン×4本というレーン構成でのCrossFireXをサポートしています。

組んでみるとこんな感じです。

003 002

 

今回一番悩んだところはマルチモニタ環境

先ほど記述したグラフィックカード「Sapphire Radeon HD5770 FLEX」は最大同時出力モニタ数が4つもあります。DVI×2とHDMIさらにDisplayPortを使用して4画面への出力が可能になります。作業性の向上のためにこれをフル活用することにしました。

DEL製の23インチIPS液晶モニタU2311を縦方向に3枚並べサブディスプレイDell U2311H (3240x1920)とし、Samsun製の27インチモニタをプライマリ(1920x1080)として設置しました。大きさは縦550mm 横975mmになります。

Dell U2311Hの特徴はDVI端子とDisplayPort端子を装備、USBポート、ピポッド対応、狭ベゼルといったところです。これによりDisplayPortを使ってマルチモニタ化できます。ATI Eyefinityを使って3つのモニタを一つのビッグデスクトップとしました。ベゼル補正は行っていません。これによって十分な作業スペースが生まれました。

ちなみにモニタスピーカーはヤマハのMS101Ⅱです。音は申し分ないのですが、小さいスピーカーなので低音イマイチです。

001

さいごに

今からハイスペックパソコンを購入するなら、IntelのSandybridge CPUを搭載しているものが良いでしょう。i3シリーズでもハイパワーです。マルチモニタ環境を構築するならHD6870がコストパフォーマンス的に優れています。液晶モニタを購入する場合はIPS液晶、またはVA方式の液晶を購入するようにしましょう。画像の美しさが全然違います。

 

以下3D MARK 11 V1.0.1 のベンチマーク結果です。

スコア4592

Processor

AMD Phenom II X6 1055T


Processor clock

3959 MHz


Physical / logical processors

1 / 6


# of cores

6

 

Graphics Card

ATI Radeon HD 5770


# of cards

2


SLI / CrossFire

On


Memory

1024 MB


Core clock

850 MHz


Memory clock

1200 MHz


Driver name

ATI Radeon HD 5700 Series


Driver version

8.821.0.0


Driver status

Not FM Approved

 

General

Operating system

64-bit Windows 7 (6.1.7600)


Motherboard

MSI 890FXA-GD70 (MS-7640)


Memory

6144 MB


Module 1

2048 MB Nanya Technology 9 @ 800 MHz

Module 2

2048 MB Nanya Technology 9 @ 800 MHz

Module 3

1024 MB Nanya Technology 9 @ 667 MHz

Module 4

1024 MB Nanya Technology 9 @ 667 MHz

 

Detailed scores

3DMark Score

P4592


Graphics score

4540


Physics Score

5739


Combined Score

3787


GraphicsTest1

23.31 FPS


GraphicsTest2

22.93 FPS


GraphicsTest3

27.81 FPS


GraphicsTest4

12.48 FPS


PhysicsTest

18.22 FPS


CombinedTest

17.62 FPS

 

Settings

Default settings used

Yes


Edition

Basic


Screen Width

1280


Screen Height

720


Msaa Sample Count

1


Texture Filtering Mode

Trilinear


Max Af Anisotropy

1


Tessellation Detail

5


Max Tessellation Factor

10


ShadowMapSize

5


Shadow Cascade Count

4


Surface Shadow Sample Count

16


Volumetric Illumination Quality

5


Ambient Occlusion Quality

5


Depth Of Field Quality

5


Enable Window Mode

Off


Enable Vertical Sync

Off


Enable Triple Buffering

Off


Enable Wireframe

Off


Color Saturation

100%