読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリポータル

アプリとフリーウェアの紹介。 たまに脱線します。 スマホ版で見づらい方はPC版でどうぞ

iPad用iMovieへ外部からの動画を取り込む方法

はじめに

iPad2を購入しました。そして話題のiMovieを入手し、早速動画を編集してみようと思ったのですが。撮るものが特にない、それじゃあ自分が持っているMVを繋げてみるかとiTunes経由で動画ファイルを転送してみてもiMovieには出てきません。しかし!解決策がありました。ここへその解決策を書いておきます。

取り込み手順

  1. まず動画の取り込みはiTunesの写真タグから行います。「ビデオを含める」にチェックを入れておいて下さい。動画が取り込まれます。まだこれではiMovie for iPad2で読み込むことは出来ません。この時の動画の形式はH264形式(拡張子はmp4)とします。形式が違う場合はQuikTimeを使ってエンコードするか、MediacoderHandBrakeといったソフトで変換します。

  2. 次にApp Storeから「Vimeo」をインストールし、Joinを選択して会員登録を済ませて下さい。

  3. そしてVimeoのメニューからRecordingsを選びアイコンをクリックし、Add Video Clips→iPhone Camera Rollと選択し、取り込まれた動画を選びます。
  4. データがインポートされたらExportをクリックします。「Rendering...」といった表示が出るはずです。しばらく待ち、無事に終了すればiMovieから動画を読み込むことが出来ます。この時にスリープに入ってしまわないように適当にタップしましょう。スリープすると失敗します。

終わりに

iOS版のiMovieiOSデバイスで撮影した動画しか取り込めない仕様になっていると思われます。そこで、iOS(iPad iPhone)のアプリを用いて動画編集しカメラロールへ書き出すことによってiMovieでも動画が取り込めるようにしています。いつまで通用するか分かりませんがしばらくはこれで読み込むことができるでしょう。