読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリポータル

アプリとフリーウェアの紹介。 たまに脱線します。 スマホ版で見づらい方はPC版でどうぞ

買うしかないでしょ!Xiaomi社のTeguraK1タブレット「Mi Pad」

 

 

Xiaomi(シャオミ)社から出たiPad mini Ratinaキラー

 

165004k017je7u1jrbuenu.png.thumb 

(via img en.miui.com
中国のスマートフォンメーカーXiaomi社は5月15日に、タブレット「MiPad」を発表しました。
サイズは7.9インチとiPad miniと同じサイズ。Wi-fi接続が可能で、全面、背面にはカメラ機能があります。
容量は16GBか64GBで、第4世代通信網(4G)への対応については不明です。
ディスプレイは2048x1536ピクセルとiPadminiと同等。
CPUはNVIDIATegra K1をタブレット初搭載、3DベンチマークiPad miniを2倍以上上回り、バッテリーは倍の時間持ち、カメラ性能や液晶の色再現性もiPad miniをしのぐマシンです。
なんという廃スペック。

 

 

iPad miniより性能が高く、値段は半額


びっくりするのが価格で、16GBモデルが1499元(約2万4500円)、
64GB版は1699元(約2万7500円)となっていて、iPad miniの約半額です。

チャイナパワーはすごいですね。これだけの性能の端末が3万円を切ってくるんですから。
まあ、最近はなんでもMade in chinnaですから当たり前といっちゃ当たり前なんでようけど。
発売は6月中となっていますが、日本で手に入るのはいつ頃になるのでしょうか。

これは欲しいぞ!