読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリポータル

アプリとフリーウェアの紹介。 たまに脱線します。 スマホ版で見づらい方はPC版でどうぞ

一万円以下ならこのイヤホン!SHURE SE215 SPE レビュー(ダイナミック型イヤホン シュア SE215 Special Edition)

ガジェット その他

 

SHUREは高級イヤフォンブランド


SHUREはアメリカのレコードカードリッジ、マイク、ヘッドフォンおよびイヤホンの製造をおこなっています。
1925年設立と歴史があるメーカーです。

Shure_Logo_without_Tagline_White

 

ノマドワークには、イヤホンがいい


ライターという仕事上、カフェやファミレスで仕事をします。
少し前まではBOSE TP-1Aを持ち歩いていました。
しかし、たまたま同じヘッドフォンをしているヒトがいたのです。
なんかスマートじゃないな
と、カンジてしまって、それからはイヤホンを使っています。

SE215 001

 

イヤホン特集で見かけたのがSE215


たまたま、古本屋で「ベストバイイヤホン特集」なんぞをやっている雑誌を見つけました。
当然のことだけれど、3万円以上のイヤホンばかり紹介されています。

しかし、あるライターが1位に上げていたのは実売1万円のSE215
推した理由には
「脅威のコストパフォーマンス、これからは、SE215がこの価格帯の基準になるだろう
といった内容。

1万円なら貧乏ライターの私でも買えます。
とりあえず、iPhoneに型番をメモして、ヤフオクで値段をみてみることにしました。

 SE215 002

 

値段が割れていない!


SE215の発売日は2011年4月21日です。現在は2014年6月。
運が良ければ5千円台で買えるだろうと思っていましたが、全然そんなことはない。
相場は6000〜7000円で落ちついているのでした

値段をみて、これは買いだなと思いました。値くずれしていないロングセラー商品だからです。

イヤホンやヘッドフォンにはエージングという言葉があります。
これは、音を一定期間鳴らして、音質を向上させるという意味。
古い製品がエージングされて、新品と変わりない価格で売れるということは一流ということです。

SE215 003

 

SE215 Special Edition


購入したのはSE215 SE(Special Edition)です。
なぜ通常のSE215にしなかったかというと、コードの長さ、と見た目から。
コード長は通常品で160cmあります。これは長すぎる。
レビューは☆4で落ちついているのですが、悪い評価にはコードが長すぎるといった点がチラホラありました。
SEは116cmと短く、取扱いやすくなっています

見た目も重要、クリアよりブルーの方が、つけたカンジがかっこいい。
これは一番大事。
実は通常品を買って一度返品しています。

SE215 004

 

解像度の高い音


低音重視といわれていたので、どんなものかと思いましたけれど、ハッキリした低音が鳴る。といった印象です。
むしろ高音、中音の再現性がいい。
あたりまえですけれど、いい音にはバランスが重要です。高中低のバランス。SE215はこのバランスがなんともいえない気持ちよさ。
音の細かさが伝わるとでもいうのでしょうか。
ハイハットの音が軽快に聞こえる。キックは図太い。ボーカルはハッキリしています。
うん、評判どおりだ。

SE215 005

 

つけ心地はいい


SHUREのイヤホンは、SHURE掛けという独自の付けかたをします。
最初は戸惑いましたが、慣れれば快適。むしろ耳にフィットしてよい。
遮音性が高いとのことでしたが、フォーム型のイヤーチップをつけると、まわりの音が聞こえなくなりますね。
コードは太く、短いSEにして正解でした。
通常版だと取り扱いに苦労しているのが目に浮かびます。

 SE215_062514_101336_PM

 

さいごに


たまたま出会ったSE215。
ほぼ衝動買いというカタチでの購入になってしまいました。
衝動買いというものは、大体当たりです。
いろいろ迷うのがイチバンよくない。
今回のイヤホンSE215 Special Editionは当たりでした。

・コードの長さ→バッチリ
・カッコよさ→まあまあ
・音のよさ→よい音

欠点はSHURE掛けに手間がかかることでしょうか。
一万円クラスでよい音をさがしているかたにはSE215、オススメですよ。