読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリポータル

アプリとフリーウェアの紹介。 たまに脱線します。 スマホ版で見づらい方はPC版でどうぞ

「武器としての書く技術」 イケダハヤト

読本メモ

 

イケダハヤトが書く文章術


イケダハヤト(以後イケハヤ)は有名ブロガー。
日本でも数少ないプロブロガーとして活躍しています。
作家ではなく、プロブロガーが書く文章術ということで興味をひかれたので手にとってみました。

まあ、本を出している時点で作家も同然か。

 

 

ブログで培われたバランス


わたしもブログを書いています。
ブログを書いているとき意識しているのは「読みやすさと見やすさ」
とはいっても、わたしのブログは読みやすさはまだまだ一定のレベルに達していません。

それにくらべて、この本はとてもテンポよく書いてあります。とても読みやすい。
最初の10ページくらいめくれば明らかで、これでもかというくらいでかい文字が並ぶ。
このあたり、さすがといったところです。

 

 

ブログを書く文章術


一般的な文章術は大体書いてあります。
しかし、イケハヤ流の文章術となるとブログでの文章術。

改行は多めにしろ。
だとか、キーワードを巧みに混ぜる方法など、とても詳しく記してあり、勉強になります。

 

 

全体的に読んでいて楽しい


文章術をつめこみました。といった本ではなく、ゆるい話題もはいっているのがよい。
プロブロガーになるためにはどうすればよいか。といった話題もある。
イケハヤ曰く、プロスポーツ選手とおなじくらいの狭き門らしい。

実践的なテクニックを難しく語る本ではありません。
誰でもできるカンタンなテクニックを多く紹介しているような印象です。

文章術の本のなかでは、読みやすい良書といえるでしょう。