読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリポータル

アプリとフリーウェアの紹介。 たまに脱線します。 スマホ版で見づらい方はPC版でどうぞ

「キュレーションの時代」 佐々木俊尚

こんにちはむきだいです。

今回は「キュレーションの時代」という本を読んだので感想をば。

この本、インターネット社会のキュレーションを書いていることに違いはないのですが、なんせ読みにくい。独自のカタカナ語がいっぱい出てきます。

ビオトープ」、「セマンティックボーダー」、「ホロニックループ」、「アウトサイダーアート」

それでいて説明が少ないので、読んでいて疲れる本でした。

本って難しいとダメだと思うんですよね…。ビオトープビオトープ連呼されても困ります。

内容はフォースクエアのことが書いてあったり、フラッシュマーケティングのことを詳しく書いてあったりと、キュレーションは少しだけ書いてあるような印象です。

以上のことを踏まえて「キュレーションについて書いてある本」と考えずに、インターネットのことが小難しく書いてあって、おまけにキュレーションが書いてある。そして難読。

といった感想になります。評価は低めです。