読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリポータル

アプリとフリーウェアの紹介。 たまに脱線します。 スマホ版で見づらい方はPC版でどうぞ

「お金が教えてくれること」 家入一真

著者の経歴は一切しらずに表紙とタイトルだけ見て本を購入しました。

なんかそれっぽいと思っていたら。前の都知事選に立候補した方だったんですね。

気になる本の中身ですが、ちょっと自分の求めてるものと違ったかな…。

わたしはまさに「お金が教えてくれること」を知りたいわけで。

家入一真の経歴はどうだってよいんですよ。

この内容だったら、タイトル「家入一真」で発売したらよかったんじゃないかといったレベル。

自分語りばかりです。これがまたどうでもよい。

「お…おう」と言いたくなるような文章が続いています。

文体は難しくないので読むことはカンタン。

特に心にひびく部分もなかったので、この本はなにか間違った本なんでしょう。

家入一真がなんとなく魅力的な人物なんだな。というのは分かります。

でも本の内容がこれでは、せっかくのキャラクターが台無しのような気がしてなりません。