読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリポータル

アプリとフリーウェアの紹介。 たまに脱線します。 スマホ版で見づらい方はPC版でどうぞ

ズルトラと一緒に買いたいアクセサリーなどを紹介(Xperia Z Ultra Sol24 C6802 ファブレット)

はじめに

こんにちは、むきだいです。

ズルトラを使いはじめて6ヶ月経ちました。

Android4.4とズルトラの相性は非常に良く、毎日その高機能にワクワクしています。

さて、今回は、ズルトラをもっと楽しむために、オススメなアクセサリーを紹介していきます。

 

レンズカメラ「DSC-QX100」

ズルトラのカメラはそこそこキレイに撮れます。

しかし、評判はよくありません。

やっぱりちょっと性能に不満を持つユーザーが多いのです。

そこで、ズルトラを光学3.6倍ズーム付きの2200万画素コンデジにしてしまう「DSC-QX100」の出番です。

 

02-04_740x555

img via ASCⅡ

このレンズ、専用のアタッチメントケース「SPA-ACX3」を使うことにより、ズルトラと完全に合体します。

 

02-05_740x555

 

その姿は圧巻、6.4インチのトリミナスディスプレイで扱うデジカメなんて、想像するだけでワクワクしますね。

02-06_740x555

 

お値段は48,000円からと、やや高い。

ケースは3,200程度とそれなりのお値段。

寝モバに必須!フレキシブルアーム

以前こちらの記事で紹介したところまずまずの反響をいただいているのが、ベッドサイドに取り付けるフレキシブルアーム。

6.4インチといった微妙なサイズに対応しているところが嬉しい。

価格が安いのも魅力のようですね。

 

何かと便利!Bluetoothマウス

こちらの記事で取り上げたPC(MAC)の遠隔操作。

PCを動かすならやはりマウスが便利です。

ズルトラはBluetooth機能があるので、対応するマウスを購入すればOK。

個人的にオススメなブランドはLogicoolマジで壊れません。

価格も2千円弱と安く、持っているとなにかと便利だと思います。

 

これは買い!moto360スマートウォッチ

 

Moto-360 001

moto360はAndroidWear対応のスマートウォッチ。

日本では未発売だが、そのデザインの良さから、輸入して購入する方が多い。

関税、手数料、送料込みで39,800円から42,000円と、わりといい値段します。

ズルトラがデカイのでスマートウォッチで操作ができると何かと便利ですね!

apt-x対応のBluetoothヘッドホン、「LBT-OH03」

 

LBT-HPS02

 

ズルトラはBluetoothの最新の音楽圧縮規格「apt-x」に対応しています。

なので、対応しているヘッドフォンをペアリングすれば、クリアないい音が楽しめます。

ファブレットというサイズなので、ムービーを楽しむことを考えると、いい音がいいですよね。

コードもいらない。やっぱりBluetoothは偉大です。

通話もできて、早送り等の操作も手元でできるようになっています。

まあ、一番いいところはコストパフォーマンス。5000円弱と、普通のヘッドフォンと変わらない価格が嬉しい。質感も良いですよ。

ステレオスピーカーでリスニング&充電!Bluetoothスピーカードッグ「BSC10」

bsc10 001

img via ASCⅡ

「BSC10」は充電ドッグと5wx2スピーカーが一体化されたアクセサリ。

溝の幅を変えるアタッチメントが3種類付属しています。

SONY純正だけあって、相性は良さそうですね。

お風呂で音楽!NFC対応Bluetoothスピーカー「SRS-X1」

 

y_SRS-X1_overview10

ズルトラは防水なので、風呂場での活躍が期待されます。

浴槽に浸かりながら、ネットラジオと流し、Kindleアプリで電子書籍を読む。

なんて、最高ですよね。他にも動画を見たり、ゲームをしたり、長風呂のお供に最適。

そんな防水スピーカーがあれば便利ですよねー。

SONYNFC対応で発売していました。お風呂のお供に良さそうですね!

おわりに

ズルトラは何でもできるサイズなだけに、アクセサリーを探すだけでも楽しいですね。

個人的に欲しいのが、「DSC-QX100」ズルトラをデジカメとして運用してみたいです。

Moto360にも期待。

わたしはバッグの中にズルトラをしまっているので、片腕から操作ができるスマートウォッチには興味がありますね。