読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリポータル

アプリとフリーウェアの紹介。 たまに脱線します。 スマホ版で見づらい方はPC版でどうぞ

一ヶ月使ってみてわかった「Moto360」の魅力(レビュー)

 Moto_360_by_Motorola 2

 

はじめに


全世界のメーカーがしのぎを削るスマートウォッチ業界、2015年には遂にAppleがAppleWatchを発売します。
そんな白熱するスマートウォッチの中でも一番人気を不動のものとしているのが米Motorola社が開発した「Moto360」です。

 

 

Moto360の凄いところ


「Moto360」の何が凄かったのか?CPU?バッテリー?画素数
答えは全てNO。
Moto360の素晴らしいのはそのデザイン、これにつきます。
それもそのはず、CPUは貧弱なOMAP3、これは4年前のCPUです。しかも消費電力が高い。
そして、バッテリーの容量は320mAh。バッテリーもやや少ないんですよ。なのでバッテリー持ちが最悪。
結果として1日しか持たないという状態です。(画面を常時OFF)にすれば2日くらいは持ってくれるかもしれません。

電池持ちが悪いという、かなり不利なマイナスポイントを持っているにもかかわらず、大人気というのも驚くところです。

 

 

ネット上では、Moto360のユーザーの満足度はかなり高い


Moto360のユーザーが集まっているフォーラムは私の知るかぎり、2chくらいだと思います。
その書き込みを見ていると、平和な空気すぎてびっくりします。所有している方が心なしか穏やかになっているのです。
スレッドは購入組と購入しようと考えてる組に別れているのですが、皆、「Moto360がかっこいいので欲しい」という1点で結ばれています。

Moto_360_by_Motorola 3

 

Moto360は高く、ニッチな商品


Moto360は定価$249.99です。
しかし、日本で発売していないので、送料と手数料をくわえて円安の影響で3万円後半の値段がつきます。
さらに、修理がアメリカになるので、英語でサポートできない日本人の我々は、ほぼ無保証といってもいいでしょう。
アメリカのMotorola社に国際便で送りつけて修理してもらうなんて、考えただけでもかなりの手間です。
つまり、高くて価値のある時計なのです。
無保証で39,800円の電化製品を買う。なんて、想像するだけでデンジャラスですね。
幸い、2chのスレを見ていると、致命的な初期不良などはないので安心できそうです。故障報告もかなり少ないといえます。

1日に何回もかっこいい時計が見れる嬉しさ


Moto360は美しくてかっこいいスマートウォッチです。
そのデザインは1,300点の公募から選び抜かれたデザインなので、さすがといったところ。
Motorola社のセンスも光るとこではないでしょうか。Motorola社のDroid3というスマートフォンを持っていますが、こちらもかなりカッコイイデザインが施してありました。

その美しいスマートウォッチを持っていると、毎日好きなときに眺めることができます。思わずウットリしてしまいまね。
スマートウォッチを眺めるという、それだけで、本当に気分を高めてくれるから不思議なもんです。

Android Wear対応


そもそもAndroid Wearとはなんなのでしょうか?
答えはAndroid用スマートウォッチのOSの名称」です。
もっとギークなニュアンスでいえば「腕時計型ウェアラブルデバイス向けのAndroid OSベースのオペレーティングシステム
初リリースは2014年3月18日になります。
この記事を書いているのが、2014年11月19日なので、まだ1年もたっていません。
Moto360はAndroid Wearで動くスマートウォッチなので、GoogleNow、GoogleMapマイクロ、GoogleFitなどが使えます。
GooleNowは位置情報を収集して様々なことを知らせてくれる機能です。よく行く場所への時間を表示したり、今いる場所の天気を表示したりします。
GoogleMapマイクロは親機のGoogleMapと連動してナビをしてくれる機能。曲がり角ではバイブをしてお知らせしてくれるので便利。これからもっと便利になるでしょう。
GoogleFitはエクササイズ用のアプリ、Moto360に内蔵されている歩数計心拍計センサーで運動量を計測してくれます。
音声によって腕時計上でGoogle検索ができるのも画期的です。

他にもカレンダーや、Twitterができるアプリなど、さまざまなアプリがあります。
しかし、現時点では未成熟なものが多く、アプリの成熟を見守っていくという点での楽しみ方ができるのもMoto360の魅力といえます。

 

Moto_360_by_Motorola

ウォッチフェイスの着せ替えができる


本ブログでもたびたび取り上げていますが、Moto360はフェイスを様々なものに変更することができます。
スポーティーなものにしたり、フォーマルなクロノグラフにしたり、アナログ、デジタルの切りかえもなんのその。
かなり斬新な印象を受けます。ある種のクリエイティブな感情を刺激してきます。楽しい。
すでにAndroid Wearには盤面を変更するアプリ「Facer」というものがリリースされており、このアプリを使えば、無限の組み合わせが試せるのではと思えてしまいます。

 

 

さいごに


美しいスマートウォッチと感じて購入したMoto360。
たしかに美しくて、そのフォルムには感心するばかりです。
しかし「できること」はまだごくわずかAndroid Wearアプリの充実を待つ以外にありません。
なので、手に入れても「アレをしよう、コレをしよう」とはなりません。
せいぜい、ウォッチフェイスを切り替えて楽しむことが関の山。
しかし、買ったら手放したくなくなるデバイスです。この魅力は何なのでしょうか。
やはり、美しいデザインにあるのでしょうか。
毎日充電が必要で、事あるごとに、自宅までの時間をお知らせしてくる時計。
わたしの主観では、美しい外観と、にくめないおバカなGoogleNowが合わさっているのがまた魅力を増しているのだと感じます。
そういう気がしてなりません。