アプリポータル

アプリとフリーウェアの紹介。 たまに脱線します。 スマホ版で見づらい方はPC版でどうぞ

Razer Mechanical Keyboard Case for iPad Pro[12.9 in]を輸入した。ファーストインプレッションレビュー

Razerがゲーミングじゃないキーボードを出す?

ふいにネットから情報が流れてきた。僕はパソコンの入力装置であるキーボードのファンであり、コレクターである。

 

とはいえ、金欠なので買っては売ってを繰り返して来たので、お気に入りのものしか普段は使っていない。

お気に入りのキーボードはCherryの赤軸キーボードである。CorsairのK65。キートップが浮いているようなデザインが僕を魅了している。

 

CORSAIR ゲーミング キーボード K65 Compact JP

CORSAIR ゲーミング キーボード K65 Compact JP

 

 

 

世界初の薄型メカニカルキーボード

Razerが出すiPad Pro用のキーボードは世界でも唯一の薄型のメカニカルキーボードだった。これがただのパンタグラフキーボードだったら僕は買わなかっただろう。

iPadというモバイル機器において、打鍵音の大きいメカニカルキーボードを合わせてきた。そしてキートップの構造はいままでに見たことのない薄型である。Razer Ultra-Low-Profile Mechanical Switchと呼ばれるこのキーボードは「見た目はパンタグラフ、打鍵感はメカニカル」という新次元のデバイスだ。

 

ゲーミングデバイスではない。しかしRazerのこだわりは随所に出ている

では箱から見ていこう。

f:id:hattix:20160829210537j:plain

箱は長方形をしていてマグネット式になっており、横に開くようになっている。

もちろん、封はしてある。閉じてあるテープを剥がせば、横に開くというわけだ。

 

ずっしりと重い

第一印象は「重い」ということだ。キーボードはよく軽量化されているものの、ケースと一体化しているメタルキックスタンドがガッチリとした作りで重量をとっている。

f:id:hattix:20160829211427j:plain

キックスタンドにはRazerのロゴが控えめに刻印されている(いつもはド派手なフォントだけど、大人しい整ったフォントである)

フィッティングは良好

気になるiPadとのフィット感だが、今まで使ってきたケースの中で1番しっかりとしている感触をうけた。このあたり精巧にできている。1mmのズレも許さないぞ!というような厳しい品質へのこだわりがあるのだろう。

f:id:hattix:20160829211625j:plain

フルピッチのキーボードとガッシリとした重さから、ほとんどモバイルパソコンと変わらない安定感を得られる。

 

薄型メカニカルキーボードの打鍵感はどうか

キーボード荷重は70gである。

まずはCherry軸の各色キーボードの荷重をみてみよう。

  • 黒軸(60g)
  • 赤軸(45g)
  • 茶軸(45g)
  • 青軸(40g)

つまり、70gというのはけっこう重いということだ。黒軸を触ったことのある方は、その重さにびっくりした覚えがあるだろう。それ以上である。

 

しかし、それは数字のトリックというものかもしれない。

実際にタイピングしてみると、今まで使ったことのあるパンタグラフキーボードのなかでは、ぶっちぎりの打鍵感を感じさせてくれた。

ストロークの短さが大きく関係しているのだろう。

抜群に使用感はいい。これは断言しよう。

 

まさしくメカニカルキーボードだ!

 

各キー1つ1つに内臓された20段階の調節が可能なLEDバックライト

これは光ものを得意としているRazerとしては外せないところだ。20段階という細かな調整が可能な背面バックライトは清々しいほど白く光る。MacBookの背面バックライトなんて目じゃない光量だ。白く強く光る。

ゲーミングデバイスによく使われている虹色カラーのバックライトではない。しかし、そもそもフォーカスが一般用途に仮定されているのだから当たり前だ。

ビジネスマンや学生が背面を緑色に光らせてキータイプしていたら嫌な気分である。

f:id:hattix:20160829213817j:plain

 

他の薄型キーボードと比べてどうだろうか

僕は3年間MacBook Airを愛用してきたのだが、最近はMacBook9.1に乗り換えた。

MacBook 12インチモデルは2016年モデルになって実用的なバッテリー持続時間を得たからだ。デザインは好きだったのだけれど、バッテリーがネックとなって換えられずにいた。

MacBook 12inは、キーボードは「バタフライキーボード」といってAppleオリジナルの世界最薄のキーボードとなっている。

MacBook Air(又はPro)のパンタグラフキーボードは質は良いし、耐久性も申し分ない。

MacBook 12inのバタフライキーボードも流石にApple製品だけあって使いやすい。最新のテクノロジーが使われているのが実感できる。

苦言を述べるとすれば、世界最薄なのだから、もう少し静音にできなかったものかと時に思うくらいだ。クリック音は他のMacBookシリーズとあまり変わらない。

 

Razer Ultra-Low-Profile Mechanical Switchは打鍵感は最高で、音は明らかに大きい。メカニカルキーボードらしいクリック音が響く。

しかし、これが実に上品な音なのである。

高級感を感じさせてくれるというか、あまり「うるさい」という不快な音ではないと感じる。

一般的なメカニカルキーボードとは数段違った控えめのクリック音になっていて、ストロークが短い分底打ちの「カンッ!」とした音はなく、カチャカチャとしている程度だ。

そして音は気持ちを盛り上げてくれる。

 

キーボードは分離して、縦置きに対応する

実はこのキーボードはケース一体型ではない。別々に分離するようになっている。普段はマグネットによって適切な位置にくっついている。

マグネットは簡単に外せるようになっており(落ちたりはしないのでご安心を)これによってタイピングポジションを自由自在に変えることが可能となっている。

スマートコネクトを採用しなかったのはRazerらしい遊びゴコロが生きているのだろう。

IPadを高い台へ置けば、モバイルパソコンにおいて「健康に悪い」とされている「首を曲げて腰を丸めてディスプレイを覗きこむという。腰と首に負担のかかる姿勢から開放される。

さらに、キックスタンドをたたんでしまえばフラットなタブレットになる。そのため、別途でスタンドを用意すれば、縦置きでの使用が可能になる。

f:id:hattix:20160829215607j:plain

Ankerのスタンドで縦に置いているところ。

ベストセラーのスタンドだが、12.9インチのiPad Proを支えるには少々力不足だ。バランスがイマイチ。慎重に扱えばよいのかもしれない。

 

 

Macで使えるという利点が光る

最後に忘れてはならないのは「Macの外付けキーボードとして使用できる」点だ。

iPadのキーボードはほぼMacにも対応している。

本キーボードも例のごとく、Macでの動作確認をとることができた。

ただ、FnキーがないのでESCキーがない。そして最上段のキーはiPadに最適化されているためにファンクション機能(F1、F2…等)の機能はない。

なので実質はUS配列の64Keyキーボードになる。

「それじゃあ使えないじゃないか」

という声が上がりそうなものだが、Macはパソコンである。変態配列のキーボードも使えるようにしてくれる便利なフリーウェアがあるのだ。

「Karabiner」というフリーウェアだ。

Karabiner - OS X用のソフトウェア

これを使えばESCキーは無くても、ファンクションキーもなくても大丈夫。

僕はOptionキーと数字キー同時押しでファンクションキーが動作するようにしてある。

ESCキーは数字の5と6を同時押し。

お好みで設定すればいい。

 

MacのUS配列でメカニカルキーボード、そして美しい背面バックライトのパンタグラフという存在感

Mac用のキーボードといえば、純正にならってパンタグラフのものばかりだった。

FilcoがMajestouchシリーズでメカニカルキーボードを出していたのだけれど、それも随分昔で、いまさら手に入れても使いものにならないだろう。

あえて正統派のメカニカルキーボードをiPad Proで使うのであれば「Filco Majestouch MINILA Air (Bluetoothモデル)」だろう。US配列を忘れずにチョイスしたい。

刻印や配列はWindows準拠。そして67キーという変態キーボードだ。

これはこれで面白い。

軸はうるさくない茶軸が無難だ。赤軸や黒軸でもいいが、青軸は外で使えないのでやめたほうがいい。

 

さいごに

ここまでつらつらと書いてきた。僕の満足度がいくらかは伝わっただろう。

価格設定はおよそ¥18,000と、決して安くない品物だ。

しかし、Razerのフラッグシップモデルのキーボードで粗悪なものがいままであっただろうか?

BlackWidow Chroma と肩を並べる価格帯のキーボードである。

 

それはそれだけの価値があるさ、と言いたい。

僕は実感した。

新しいコンセプトのパンタグラフ x メカニカルという発想も見事に達成している。

これからRazer Mechanical Keyboard Case for iPad Proでタイピングをするのが楽しみだ。

おもいっきり使い倒してやろうと思っている。

 

iOS9で追加された外部キーボードのショートカット一覧

iOS9で進化したキーボードショートカット

iOS9で外付けキーボードのショートカットキーが追加されました。

今回はキーボードショートカットの一覧を紹介します。

共通

  • タスク切り替え command + tab
  • 文字種切り替え Shift + command  + space
  • 検索 command + Space
  • 全選択 command + A
  • コピー command + C
  • ペースト command + V
  • undo command + Z
  • redo shift + command + Z
  • カーソルを先頭に移動 command + ←
  • カーソルを末尾に移動 command + →

Safari

  • ページを再読み込み command + R
  • ページ内検索 command + F
  • ブックマークを開く command + L
  • 新規タブ command + T
  • タブを閉じる command + W
  • 次のタブを表示 control + tab
  • 前のタブを表示 control + shift + tab
  • 戻る command + [
  • リーダーを表示 command + shift + R

さいごに

AppleSurfaceの対抗になるべく、iOS9にてショートカットキーを追加してきました。

これによって格段に使用感がよくなることは明白で、今後発表が予定されている。iPad Proに影響を与えそうです。

Proの12.9インチの大画面だと、外付けキーボードもフルピッチのものが使えますから、タッチパネルのMacBookを操作しているような感覚になりますね。

IOS9の進化を味わいたいなら、iPad Air 2がオススメですよ。Air 2でしかマルチタスクには対応していないですから。

これからもiPadからは目が離せませんね!

FireFox URLバーアドレスバー メニューバーを非表示にするアドオン

LessChrome HD

このアドオン、仕事の時コッソリウェブを見るときにすごく便利です。

 

貼り付けた画像_2015_06_23_21_44

Evernote Clearly

と組み合わせることでまるでテキストデータを開いているかのように見えます。

上画像参照。

仕事中こっそりとWebブラウジングするときに用意しておきたいアドオンですね。

映画レビュー 「トラフィック」

41ZKBTKY2GL

ドキュメンタリータッチで描かれる麻薬を扱った映画。2000年の作品。
2000年度第73回アカデミー賞4部門制覇、ゴールデングローブ賞(脚本賞、助演男優賞)ベルリン国際映画祭の男優賞など、複数の賞を受賞している。
いくつものパート が複雑に絡みあっているが。パートごとに色合いを変えることで、切り替えが明確に分かるようになっている。
バイオレンスなシーンも多く、どれもリアリティがあることが特徴的。
フィクションであるけれど、アメリカの麻薬問題を鋭く描写している。さらに麻薬取引が生む利権や小競り合い、利権などをうまく表現しており興味深い。
スティーブン・ソダーバーグの名を世に知らしめた快作。

映画レビュー 「終身犯」

51VEAT4G25L

1962年の作品。モノクロ映画。非常にネタバレしたいのだが、ぜひ皆にみてもらいたいので、ほとんど説明しないでおく。
その名の通り殺人罪終身刑となった青年の物語で、有名なアルカトラズ刑務所も出てくる。
ノンフィクションものとしてもよくできている。
欠点は、入手の難しさだろう。小さなレンタルショップではまず扱っていない。モノクロ映画というマニアックなジャンルが拍車をかけている。
だが、名作であることが後押しし、DVD版が販売されている。ネットで手に入れられるのであれば、ぜひ見てほしい。
シリーズなのか500円くらいで手に入れることができた。

映画レビュー 「インターステラー」

91q-uQl9xbL._SL1500_

奇才、クリストファー・ノーラン監督が描く宇宙者のSF映画。169分という長さが特徴的。
期待通りの出来、もしくは期待以上の作品に仕上がっている。
フォーカスを当ててみておきたいのが父子の絆。宇宙へ行ってしまった父と娘の愛の行方は、結末はどうなるのか?まったく先が読めない。
さすがはノーランといった展開は流石の一言。
ノーランのエンターテイメント性も去ることながら、他の演出(私は音楽を評価したい)のレベルの高さも捨てがたい。一流の映画とは、このようなものを示すのだろう。
しかし、話がやや難しいのでヒトを選ぶ傾向があるともいえる。169分という長丁場なので、1時間見て、「合わない」と感じたら、素直にやめておくのも手であると思う。

映画レビュー 「バタフライ・エフェクト」

51RWZFT6EJL

ネタバレ無しにはレビューができないので少しだけネタバレする。この作品はタイムパラドックスを扱ったものだ。
内容は楽しみにしておくとして、注目したいのはバランスの良さ。テンポ、脚本、出演者の演技力。どれをとっても一級品に仕上がっている。
このような「先がどうなるかはやく見たくなる」という中毒性の高い作品は稀であるといえる。
キャストが豪華なわけではなく、俳優を楽しむということは違うのだが。B級映画がA級映画を完全に凌駕しているといった印象をうける。