読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリポータル

アプリとフリーウェアの紹介。 たまに脱線します。 スマホ版で見づらい方はPC版でどうぞ

HDCP対応ディスプレイが非対応とされてブルーレイディスクが再生できない時の改善方法

はじめに

こんにちは、むきだいです。

少し前にウルトラワイドモニター「34UM95-P」というものを購入しました。

解像度が3440x1440、縦横比21:9という少し変わったモニタです。

サイズが大きいことと、4Kディスプレイに迫る解像度ということでお値段は高め。

新品で100,000円近くします。

34インチという大きさと、ウルトラワイドモニターっていうのが、心にささったので買っちゃいました。3440x1440はかなり快適です。

MBA2013モデルでも3440x1440で描写できていたのですが、アップデートをしたら2560x1440しか選択できなくなりました。なぜだアップル。

 

ブルーレイディスクのムービーが再生できないよ!

映画を見るのに最適なサイズのウルトラワイドモニタ。

さきほどブルーレイディスクで映画「インターステラー」を見ようとしたら。まさかのHDCPエラーが発生して見られません。

PowerDVDのバージョンをアップデートしてもダメ。

こちらのリンクからダウンロードできるフリーウェア「CyberLink BD & 3D Advisor (ベータ版)」は、ブルーレイディスクが再生できるかチェックしてくれて、できない場合の原因を知らせてくれるソフトです。

調べてみたところ、モニターがHDCPに対応していないと出ています。

そんなわけがない。なぜでしょうか。

 

HDMIケーブルを最新のものへ換える

ググってもわからないのでサポートに電話して相談してみました。回答は以下のとおり

「付属のHDMIケーブルで接続してみてください」

今まで昔から使ってたHDMIケーブルを使用していました。

言われたとおりにHDMIケーブルを変えてみると、HDCPエラーを見事クリアしました。

サポート曰く、HDMIもバージョンアップを重ねているので、古いものではHDCPに非対応だったりするようです。

安価なHDMIケーブルが販売されていますが、こういった落とし穴があることを覚えておいたほうがいいですね。