読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリポータル

アプリとフリーウェアの紹介。 たまに脱線します。 スマホ版で見づらい方はPC版でどうぞ

WINAMPにプラグインを追加して高音質で音楽を聴く(96kHz オーバーサンプリング ASIO再生)

先日、サウンドカードを購入しました。ESIのMAYA44eです。ASIO対応でサンプリングレートが96kHzまで対応しています。聞いてみた感想はオンボードとは比べものにならない音質の良さですね。せっかくなので再生ソフトにもこだわってみます。maya44e_sub3_large

Maya44e

特にこだわりがなければAimpを使うのが動作も軽いのでオススメですが、私が音質が良いという面でオススメしたいのがWinampです。そのまま使用するのではなく、プラグインを追加して音質を向上させます。

この三つを使用することで音質がかなりよくなります。

詳しく説明しますと「入力プラグイン:Shibatch mpg123」はMP3形式のデコードの質を向上させます。

「出力プラグイン:ASIO output」は出力形式をASIO化します。またオーバーサンプリングしサンプリングレート96KHzで出力が可能です。※ASIO化するとWINAMP上で音量調節ができなくなります。また、サウンドカードがASIO対応していなければいけません。

最後に「DSP/エフェクト:STEREO TOOL」ですが、音声の音圧やステレオ感を強力に増強できるDSPプラグインです。これがなかなか強力です。かなりオススメなので是非チャレンジしてみて下さい。Winampメニューバー「オプション→設定」から設定できます。もちろん全てフリーウェアです。

設定方法

Shibatch mpg123

デコーダタブ 有効にチェック 出力フォーマット(サウンドカードによる、MAYA44eだと24bit) ボリューム設定を別の方法で行うにチェック(これによりボリュームが操作できるようになるかも)

ASIO output

リサンプリング 有効にチェックし、サンプルレートを96000Hz、品質をTopに設定

STEREO TOOL

特になし、お好みで設定するといいでしょう。メニューは全て英語です。

 

リンク