読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリポータル

アプリとフリーウェアの紹介。 たまに脱線します。 スマホ版で見づらい方はPC版でどうぞ

ダメだった書籍たち 01

書評を書こうと最近読んだ本2冊を手にとってみました。

ひとつは「動きたくで眠れなくなる − 池田貴将」

もうひとつは「1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法 − 千田琢哉」

この2冊、どちらも自己啓発書ですね。

なにか書けることはあるだろうと思うのですが。無い。

何も記憶に残っていない。

なので、せっかく本読んだのに書評も書けないのか…と残念がっている状態です。

ただ、本を読んだことをムダにはしたくないので、2冊まとめて☆がつかないほどクソだったという感想を述べておきます。

あー千田さんの本は読みやすくていいですよ!斜め読みしやすくなっています。

池田さんの本はご愁傷さま。読みやすくもない。Amazonでは高評価がついているみたいだけど、あてになりませんね。

なんでこんなに記憶に残らない本が作れるかなぁ。